0120-38-1480

初めてのお墓

お墓の建て方は、まず「良い石材店を選ぶ事」から始まります。
信頼できる石材店、墓石店をどうやって見分けるか、一概には言えませんが、良い石材店を選ぶコツの基準を箇条書きにしてみましたので参考にして下さい。

  • 顧客の希望をじっくり聞いて提案してくれる、親身になって相談に乗ってくれる。
  • 石のことならなんでも知っている、長年石材業を営んでいる。
  • 品揃えのきちんとした展示場がある。
    ※店舗を持たないブローカー的石材店もあります。
  • 値段の明確な見積書、完成予想図を作成する。
  • 石材の品質を正確に説明してくれる。
    ※原産国、地名、銘柄名、等級まで正確に説明してくれる。
  • 安易な値引きをしない。
    ※すぐ値引きをするお店はもともと高い値段をつけていたり手抜き工事等の危険があります。
  • 墓地の地質について理解している。しっかりした基礎工事をする。
  • アフターサービス、メンテナンスや保証を行っている。

良い石材店、墓石店を見つけるためには、2~3店に当たってみるのが良いでしょう。店舗に出向いて その会社の雰囲気や社長、社員の人柄を確かめると、いろいろとわかることがあります。また、その石材店、墓石店が建てたお墓を見せてもらいましょう。工事 工程写真(特に見えなくなる所)を見せてもらい、自分のお墓の時にも写真を撮ってもらう事が大事です。

建立までの流れ

Flow

詳細はこちら >

墓石の値段

Price

詳細はこちら >

石種について

Kind

詳細はこちら >

墓石・供養塔の種類

Form

詳細はこちら >

位牌について

Ihai

詳細はこちら >

お墓の地盤について

Ground

詳細はこちら >

初めてお墓を建てるときに用意する物や必要なこと

寿陵(じゅりょう)
… お墓の引っ越し

事情により墓地を移る(改葬する)こと初めてお墓を建てること

初めてのお墓を建てる場合は当然、納める御遺骨はありません。生前に建てるこのお墓のことを「寿陵」と言い、長寿や子孫繁栄など縁起が良いとされています。事前に吟味したお墓を建てておくことは心の平安にも繋がります。

改葬(かいそう)
… お墓の引っ越し

事情により墓地を移る(改葬する)ことになった場合、以下のような法律上の手続きが必要になります。

  1. 新墓所の管理者より、「使用許可証」「埋葬証明証」「受入証明」を発行してもらいます。
  2. 旧墓所の市町村役場で上の書類を添えて改葬許可申請を行い、「改葬許可証」を発行してもらいます。
  3. 書類を整え、実際に御遺骨の改葬を行い、一般的には、旧墓地から御遺骨を抜く場合には、お寺さんに来てもらい「魂抜き」をしてもらい「開眼 供養」をしてもらいます。

卒塔婆(そとば)立て

卒塔婆とは御遺骨を納めるときや法要のときに、供養のために墓石の後ろに立てる細長い板のことで、墓石にも当然「卒塔婆立て」が必要となります。但し浄土真宗などはこの習慣が無いので不要です。

神道のお墓・仏教のお墓

元来、神道ではお墓という考えはありませんでしたが、仏教の影響を受けて神道のお墓も出来るようになりました。

※右の図は神道・仏教それぞれのお墓の一例です。
外見は仏教のお墓とそう違いはありませんが、焼香をしないので香炉の代わりに供物を供える八足台(はっそくだい)があったり墓石の頭頂部が剣先状になっているなどの違いがあります。

神道のお墓と仏教のお墓の違い

納骨供養

亡くなられた後、四十九日間を中陰(この世とあの世の中間の世界)といい、通常忌明けの中陰を過ぎたら、遺骨をお墓に納める「納骨法要」をします。

追善・年忌法要

初七日(七日目)、二七日(十四日目)…七七日(四十九日)…忌明け仏教ではより良い死後の世界に行き着くようにとの願いから、亡くなられた日を含 めて七日ごとの法要と、「百か日」「毎月の命日」「新盆」などの追善法要を営みます。百か日を過ぎると年忌法要となり、満一年経つと「一周忌」、二年目が 「三回忌」以後は数え年で、六年目に「七回忌」「十三回忌」…と続きます。これらの法要は先祖供養として欠くことのできない行事であり、何より故人を偲び 供養することが、残された者のつとめなのです。

墓石工事の時期

一般的には、墓石を建てる時期に一定の決まりはありません。ただ、年忌、お彼岸、お盆などの節目時期が多いようです。最近では百か日、四十九日など早くなる傾向があるようです。

墓石の形と構造

墓石は大きく分けて和型と洋型があり、最近ではモニュメントのようなオリジナルデザインの墓石も増えてきています。形や大きさを選ぶのは自由ですが、宗教、宗派、墓所のスペース、合葬墓か個人墓かなどを基準に、デザインします。

ご相談いただければ
詳しくアドバイス致します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-38-1480

詳しくはこちらから >